収納トラブルならレンタル倉庫で即解決!|スムーズ片付けマスター

女性

料金と事業

倉庫

貸倉庫の料金は、倉庫のサイズや設置されている地域によって金額が異なっているため実際に利用したい貸倉庫の料金を知るためには事業者へ問い合わせることをおススメします。こちらでは東京エリアでの価格を目安としてご紹介します。 貸倉庫はルームタイプと屋内コンテナボックスなどのタイプがあります。 ルームタイプの場合、1畳をレンタルする場合都心部以外では10,000円以内で借りられる場合が多いですが、目黒や世田谷など都心部になると10,000円から15,000円前後と割高になります。3畳以上の場合は30,000円から50,000円前後が相場となっているようです。 ただし、ロッカータイプの場合は都心部やそれ以外の地域であまり差が無く、3,000円から5,000円前後が相場です。

貸倉庫が事業として始まったのは昭和6年です。当時は事業者へ貸し出すというスタイルでしたが、昭和50年代になると個人へのレンタルも行われるようになりました。しかし、当時は貸倉庫の保管業務に関して取り締まる法律がなかったため、昭和61年にトランクルームサービス約款が告示され実施されることになりました。 平成13年になると、倉庫業法が改訂され消費者を守るための内容も盛り込まれることになります。 最近では収納ビジネスとしての需要がとても増えており、特に東日本大震災後には震災などの発生に備えて家財道具や大切な品を自宅以外の場所に保管するというリスク分散としてのニーズが増えているようです。現在の貸倉庫の主な利用者は9割が個人となっています。